メニュー

不妊治療の保険適用情報

 

不妊治療で使えるお薬について

2022年4月の不妊治療の保険適用に向けて、様々な医薬品も健康保険で処方できるようになるとみられています。

どういう事かというと、不妊治療では、今まで未承認だった様々な医薬品が使われている現状があるようで、それらの中から有効性が高いと考えられる一部の医薬品を、健康保険で使えるようになるのです。

医療現場で使われている未承認の医薬品について、承認手続きを迅速化するために、医療上の必要性が高い場合などには治験を省略し、早期に医薬品の保険適用が可能になる「公知申請」の制度を活用するようです。

多分、保険適用外で不妊治療に使われる薬で、一番有名な(名前が知られている)ものは『バイアグラ』でしょうか。

確かに、勃起障害があると男性不妊の原因になりますね。

バイアグラ(ファイザー)発売後、レビトラ(バイエル薬品)、シアリス(イーライリリー)といった薬も出ていますが、今までは薬価が決まっておらず、保険も効かないため高額になっている場合がありましたが、健康保険の3割負担で出してもらえるのは良いですね。

他にも、7月11日の読売新聞オンラインによると『高度な不妊治療』と言われる体外受精や顕微授精で使われる、排卵誘発剤(卵子を育てて排卵を促すホルモン剤)も保険で使うことが出来るように検討されているとの事です。

 

バイアグラが世に出始めたころ、欲しいけど高いから海外のものを個人輸入する方法などの、怪しい情報が飛び交いました。

偽物も多数で回っていたとか色々と言われていましたが、国が正式に保険適用として、薬価も一律に決めることで、こういった怪しいものは無くなるでしょう。

[9/16追記:9月13日読売新聞オンライン]

厚生労働省が9月13日、排卵誘発剤などの現在は自費診療で使われている6種類の医薬品について、海外での使用実績などから有効性が明らかだとして、国内での治験を省略して早期承認することを了承したとのことです。

2022年4月に不妊治療の保険適用拡大が行われることに合わせて、必要な薬剤も保険適用となるのは当然の対応ですね。

6種類の薬剤
  • ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(体外受精での卵胞成熟、一般不妊治療での排卵誘発)
  • ヒト下垂体性性腺刺激ホルモン(体外受精での卵巣刺激)
  • 精製下垂体性性腺刺激ホルモン(同)
  • ナファレリン酢酸塩水和物(体外受精での早発排卵の防止)
  • ブセレリン酢酸塩(同)
  • レトロゾール(多嚢胞性卵巣症候群の排卵誘発)

 

人工授精が保険適用に!

3d rendering sperm fertilize with ovum

7月25日の読売新聞オンラインによると、『政府は、不妊治療の公的医療保険の適用範囲に「人工授精」を含める方針を固めた。』との事です。

体外受精で必要となる培養室が要らないため、人工授精は現在でも多くの婦人科で行われています。

自由診療のため、金額にばらつきがありますが、記事によると1回につき30000円程度の費用を全額負担するのは、回数が増えると大きな負担になります。

日本産科婦人科学会などの指針では、6回程度の治療で妊娠に至らない場合は、体外受精に進むことが推奨されているとの事。

保険診療でいくらになるのかまだわかりませんが、仮に30000円だとすると、今まで30000円×6回で18万円必要だったのが、3割の9000円×6回の54000円で済むという事に。

人工授精が保険適用拡大の対象になると、かなり経済的に助かりますね。

 

不妊治療の保険適用に年齢・回数制限が

体外受精に関して助成金と同じ、年齢制限『妻の年齢が43歳未満』とや回数制限『最大6回まで』という上限と同じ条件とする案が有力となっているようです。

2021年の年末までに決定するとのことですが、この制限から外れた場合は、治療を受けることは出来ますがが、全額が自己負担となるとの事です。

予想はしていましたが、助成制度と同様の制限がかかるということは、現在の年齢が上限に近い方は、助成金制度を利用して不妊治療を開始しておく方が良さそうです。

(参照:東京新聞 体外受精の保険適用制限へ 妻の年齢、回数に上限

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME