メニュー

不妊治療と生命保険(医療保険)2

不妊治療に健康保険の適用拡大されたことで、民間の医療保険にも影響があります。

そもそも、生命保険会社の販売する医療保険では、入院と手術に対して給付金が支払われます(入院給付金・手術給付金)。

 

この手術給付ですが、以前は『保険会社の約款で定める手術』に対して給付するものが主流でした。

しかし数年前から『公的医療保険制度の対象となる手術』に対して、手術給付金を支払うものが出てきています。

実際にスマホで 公的医療保険制度の対象となる手術 と検索してみると、様々な生命保険会社のHPが出てきます。

不妊治療の保険適用範囲が拡大したことで、手術給付金の対象となる可能性があるのは以下の3つです。

  • 人工授精
  • 胚移植術
  • 採卵術

実際に保険代理店の方に、保険会社へ確認を取っていただいた回答です。

【被保険者の「不妊症」の治療を目的として、令和4年4月1日以降に、公的医療保険制度によって保険給付の対象となる、医科診療報酬点数表により手術料の算定対象として列挙されている「K884-2:人工授精」「K884-3:胚移植術」「K890-4:採卵術」を受けられた場合は、給付金のお支払い対象となります。】

 

採卵術や胚移植術は、給付の対象になるだろうと思っていましたが、管理人が驚いたのは『人工受精』でも給付金が出る可能性があるところです。

 

あくまでも可能性があるという事で、最終的な支払の可否は請求を行わないとわかりませんが、不妊治療を始める前に医療保険の加入をしていた方は、担当者に確認されると良いと思います。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME